プロフィール

約20年間にわたって高等学校、特別支援学校などで教員生活を送ったのち、2003年度から母校である関西学院大学の教壇に立っています。本センターでは、「生徒指導論」「教育課程論」などの中学校・高等学校の教員免許状取得に必要な教職科目の授業を、文学研究科においては学校教育学特殊講義および学校教育学研究演習を担当し、「子どもと共に笑うことができる教師」の養成を行なっています。また、教育大国・福祉大国と呼ばれるデンマーク(2009年度に留学)の「ペダゴー」の養成課程や睡眠を中心とした「生活臨床(生活の立て直し)の意義」などについて研究を進めています。以上の職務・研究のほか、育児発達相談員、教員免許状更新講習や学校保健委員会など現職の先生方や保護者の方々対象の研修会講師、私立幼稚園での「子育て支援事業」担当者、高等学校のカウンセラーなどとしても活動しています。また、小学生・中学生・高校生本人などを対象に「睡眠健康教育」に関する授業も行っています。

氏名 小谷 正登(こたに まさと)
所属 教職教育研究センター
職名 教授
学位 博士(臨床教育学)、修士(臨床教育学)、文学修士、経済学士
専攻 臨床教育学、臨床発達心理学
所属学会 日本発達心理学会、日本教育心理学会、日本臨床教育学会、日本心理臨床学会、こども環境学会、日本保育学会、日本カウンセリング学会、日本学校保健学会、日本生徒指導学会、武庫川臨床教育学会、日本子ども社会学会